社会不適合者サラリーマンの日記

社会不適合者がサラリーマンをどこまでできるかの記録です。副業も頑張ってみます。

【プロ野球】西武からFA、ポスティングで移籍した選手をまとめてみました。

西武から流出する選手が多い

ほかの球団と比べて中心選手が移籍することが多いです。

工藤公康石毛宏典清原和博松井稼頭央豊田清和田一浩土肥義弘細川亨許銘傑帆足和幸中島裕之、片岡治大、涌井秀章脇谷亮太岸孝之の計15名です。成功した選手も成績を落とした選手もいます。次に個人的主観でまとめてみました。

成功組

★★★和田一浩

中日に移籍してリーグ優勝2度経験。2010年はキャリアハイの339 37本 93打点 出塁率.437 OPS1.061を残して最優秀選手獲得。38才でキャリアハイって化け物ですね。2011年の統一球で打率を落としたことが悔やまれる選手です。

 

★★★工藤公康

優勝請負人として弱かったダイエーを日本一に導き、その次の年に巨人に移籍して日本一達成。1999年は最優秀選手獲得。日本シリーズ第1戦での13奪三振の快投は忘れられません。

 

★★清原和博

賛否ありますが、西武にいてもぬるま湯でおそらく頭打ちだったと思う。巨人で2000本達成して良かった。

失敗組

中島裕之

西武にいれば今頃2000本打ってたと思うと、ほんともったいない。2年間のブランクがあったが、最近何とか見れる数字に。リック、角中に首位打者争いで負けたりほんともったいないです。