るんるんのお金の話

るんるんです。3人家族で家を建てたばかりです。IDeCoやつみたてNISA、住宅ローンの借り換えなどお金について。プロ野球も少し

積立NISAとiDECOどちらが良いのか

積立NISAとiDeCoはどちらがお得なのか。考えてみました。

年金制度の一つのIDeCoと積立NISAについて比較してみました。

iDeCoのメリット

iDECOの一番のメリットは掛け金を積み立てると所得控除されること。るんるんの会社は確定拠出年金を採用していないので、毎月最大23,000円掛け金を拠出できます。年間で最大276,000円が課税所得から差し引かれます。所得税10%で計算すると年間27,600円の節約、来年の住民税で年間27,600円の節約となります。手数料無視すると年利20%の優良投資です。他にも受け取る時の優遇措置なんかありますが、一番最強なのは掛け金を所得控除されることです。

積立NISAのメリット

現行のNISAとの違いは”積立しかできない”、”非課税期間が20年間”と積立専用です。また積立に適した信託報酬が低いものしか扱わない方針です。メリットはNISAの運用益非課税はそのままです。

どちらがお得

これは断然iDeCoでしょう。特に強力なのは所得控除。運用益非課税もある。iDeCoには興味がある人はすぐにでも始めたほうがよいです。

るんるんは住宅ローン控除で控除枠を全て使い切っているので現在はNISAで運用してますが、住宅ローン控除が終わった時にiDeCoにスイッチする予定です。前の会社で確定拠出年金があったけど、よく話も聞いておらずめんどくさいだけと思っていました。世の中知らないと損することがたくさんあります。今まで運用していたらすごい節税になっていたと考えると夜も眠れません。終わったことは仕方がないので次に行きます。

最後にデメリット

iDecoのデメリットですが、年金制度の位置づけで強力な税制優遇措置があるため60歳まで引き出せないことです。急にお金が必要になる人は要注意です。