るんるんのお金の話

るんるんです。家族で家を建てたばかりです。IDeCoやつみたてNISA、住宅ローンの借り換えなどお金について。プロ野球も少し

初心者向けつみたてNISAとは

2018年1月からスタートする「つみたてNISA」

 

国が推進する投資制度に新たに「つみたてNISA」が加わります。

つみたてNISAとは?

つみたてNISAとは、「積立で買う投資信託」に特化した投資制度のことです。すでに始まっているNISA同様、運用で得た利益には税金ががかかりません。利益をまるごと受け取れます。

つみたてNISAの特徴は?

・投資する商品は積み立てのみ。金融機関によっては100円から購入可能。

現行NISAと異なるのが積み立てのみ。コツコツ貯める人向きです。最初に講座を開いて、どの投資信託を購入するか設定したら毎月積み立てていくので、預貯金のような感覚で投資可能です。

・口座管理手数料がかからない

iDeCoは掛け金が所得控除となり、所得税や住民税が安くなりますが納税していない主婦や住宅ローン控除で控除枠を使い切っている場合は恩恵が受けられません。口座管理手数料がかかる分、逆に損です。つみたてNISAは口座管理手数料がかからないため、お得です。

・投資商品の安全性が高い

つみたてNISAで販売される商品は、金融庁が安全性や運用成績を厳しく審査しています。法令上”販売手数料が0円(ノーロード)ETFを除く”、”頻繁に分配金が支払われない商品”などが定められています。

・非課税投資枠が年間40万円。

毎年非課税枠いっぱいの40万円まで活用して、20年間継続すれば最大800万円まで投資することができます。その運用益はすべて非課税です。

つみたてNISAの始め方

口座を解説したら、あとは「何を」「いくら」で買うか決めるだけです。運用は来年1年からですが、申込みは今から可能です。

1.金融機関を選ぶ

つみたてNISAは、証券会社や銀行など各金融機関が窓口となり、すでに予約受付中です。取扱い商品は、金融機関によって違いがあり、ネット証券で取扱商品が多いためまずはネット証券で口座を開きましょう。

おすすめは楽天証券です。2017年12月末からつみたて開始予定ですので、口座をまだ開いてない方はまず口座開設しましょう。

www.rakuten-sec.co.jp

本人確認書類とマイナンバーカードの写しを提出して、その住民票の原本を提出、審査後に口座開設となります。

2.商品をえらぶ

口座を開設できたら次は商品を選びます。自分にあった運用タイプを選びます。

www.fsa.go.jp

安定運用を選ぶか、積極運用を選ぶかは自分の許容範囲のリスクと相談しながら選びましょう。

初心者におすすめの商品は”バランス型”投資信託の世界経済インデックスファンド(三井住友トラスト・アセットマネジメント)です。投資先は国内外の株式、債権の4つ。国内の比率が低く、世界に投資する割合が多いので世界経済の発展の恩恵をより受けられます。

www.smtam.jp
 3.毎月のつみたて額を決める。

最後に毎月いくらつみたてるかを決めます。貯金のような感覚でつみたてるので、あとはとにかく長く続けることです。